読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今さら。ヤストのやりかけ練習帳

文章を書けない男が、書く習慣をつけようとするブログ。

炭水化物とテレビをやめたい。

1,000字書きます。

パンは焼いて油を塗ったほうがいいということをインターネットで知りました。
今日、僕はしっかり焼いてマーガリンを塗って食べました。

その前にパスタにオリーブオイルをかけて食べました。

さらにその前にサラダを食べました。
血糖値の上昇をゆるやかにするためには、こんはふうに食べるのがいいそうです。
僕がすぐに、簡単にできることは食べ順を守ること、よく噛んで食べること、炭水化物単体で食べないことです。

今日の夕飯に妻はグリーンサラダを用意しておいてくれました。

妻は特にパンには目がありません。
妻は炭水化物星人であります。

僕には、妻の用意した食事を食べないという選択肢はありません。
今日は炭水化物on炭水化物です。
つまり、パスタにパンです。

僕には今、食べ物で心を整えようという魂胆があります。
今、何をしたっていい方向に転がらないってことが、自分でも想像できる状態です。
つまりメンタルがまったく整っていないのです。

大抵のことを先延ばしにします。
それにちょっとしたことで不安になります。
加えて、僕はイライラして怒りっぽいのです。

血糖値の上昇をゆるやかにすることが情緒の安定にいいというのを聞きました。
僕は炭水化物を食べるのをやめたいと思っています。中でも、特に小麦をやめたいと思いました。

やめたいものはそれだけではありません。テレビです。
どうやら僕には欠けている能力があります。
人は不要な情報を都合のいいように遮断できるといいます。それができません。
それを難なくやっている妻がうらやましいです。
そういえば僕はどこか店に入ったときでも、隣のテーブルの会話が耳に入ってきてしょうがないことがよくあります。

テレビ番組の内容については、テレビを観たくない僕のほうが覚えています。
実際のところ、妻はテレビを観ていないのです。
僕はテレビがついていると、用事をしている手が止まってしまいます。
妻はテレビがついていても家事をすることができます。
それならさっさとテレビを消せばいいのに、
「おもしろいのやってないわぁ」といいながら、リモコンをカチカチやってます。
ただ単に習慣でテレビをつけているだけです。
妻だって別に観たい番組があるわけではありません。
妻がウチにいるときは、ずっとテレビがついているのです。
なぜなら、妻がテレビ星人だからです。
さっさとテレビを消してしまえばいいのですが、わが家ではそれはできません。
別に観たくもない番組でも、僕はなぜだか観入って体がかたまってしまいます。
テレビがついているとジーッと観入ってしまいます。
僕はテレビを観るのをやめたいと思っています。