読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今さら。ヤストのやりかけ練習帳

文章を書けない男が、書く習慣をつけようとするブログ。

1,000字書きます。

1,000字書きます。

今朝テレビをつけていると、マンショのCMで「モデルルーム見学はコチラ」みたいなのをやっていました。

今までそんなこと考えたこともなかったのですが、来てもらうほうが「見学」って言葉を使うのは有りなのでしょうか。見学って「見て学ぶ」ですよね。ふと「偉そうやんか」と感じてしまいました。調べもしていないので、まったく見当はずれな感想かもしれませんが。気が向いたら調べてみます。

スズキワゴンRのCMで広瀬すずさんが「何とかであ〜る」とかいっていました。たぶん。「URであ〜る」と一緒やんか!と思わせて印象づけることができたら広告として成功ってことなのでしょうか?だとしたら深いですね。

つい「深いです」とかいってしまいましたが、この言葉を耳にするたびに思うことがあります。「深いですねぇ」とかいうコメントって浅くないですか?すごく。

「とりあえずこれ言っといたら、いいこと言ってる感出るわ」みたいな。

だいぶ前に、よゐこの濱口さんが「とりあえず『ultra soul』かけといたら競泳応援してる風になんねん」みたいなことをどこかで言っていたように思います。それと同じようなもんでしょうか。

妻はテレビ星人です。テレビがついていないとダメなのです。観たい番組がないときも「おもしろいのないわ〜」といいながらもテレビを消そうとしません。

僕は実のところテレビのない生活をしてみたいと思っています。僕はテレビを見ながらだと何も手につかないからです。ついつい見入ってしまうのです。見たくなくてもテレビから目を反らすことができません。

なので、そこそこの時間テレビを観てしまっています。いつも自己嫌悪です。対して妻はテレビを観ながら普通に家事をこなしています。

帰宅すると『youは何しに日本へ』がやっていました。伝説の男マーティンの猫バス旅です。ドイツから日本までユーラシア大陸を走破してきたそうです。その期間100日!それだけ旅して職を失わないなんて羨まし過ぎます。さすがに最後には社長に呼び戻されていましたが。ってまた他人を羨むモードに入ってしまってます。いかん。

自分に100日休みがあったらどうしてるでしょうか。スキー場に籠りたいです。午前中だけとか、晴れた日だけとか、滑りたいときにだけ滑りにいく。そんな生活をしてみたいと思います。すごく時間がゆっくりと流れていくでしょうね。でも退屈しない充実の時間。

せっかくだからここに書いておきます。僕はスキー場に籠って、ゆっくりした時間を過ごします。

1200字書きます。

1200字書きます。

タナベマモルさんの『プレイボーイのうた』です。書くスピードが遅すぎてぜんぜん進みません。この遅さ何とかしたいです。

最後の一節です。
“君は僕の心の永久欠番さ、君は僕の心の殿堂入りさ、プレイボーイなんちゃってね、夢のオールスターゲームがこれから始まるよ”

「女々しさ爆発。歴代彼女思い返してるやん」僕はこんなふうに思っていました。ですが永久欠番や殿堂入りって「最大限の感謝」ですよね。「感動をありがとう」みたいな。

AmazonのCMからタナベマモルさんを思い出すとは予想外の出来事でした。

今日の朝食はこんな順番で食べました。
バナナ1本
小松菜・リンゴ・バナナ・キウイ・豆乳・ヨーグルトのスムージー
食パン1枚

バナナとスムージーは一口を小さくして前歯を使ってよく噛んで食べます。

食パンはしっかりと焼いてバターをたっぷり塗って食べる。すると何もしないよりも血糖値の上昇を緩やかにすることができるとインターネットで見ました。なのでそれに従ってみます。ただしウチにはマーガリンしかありません。マーガリンの油が食べていいものなのかどうかは考えないことにします。

僕はもうパンを食べないと決めているのですが、わが家には食パンがまだいくらか残っています。それを食べずに放っておくことは妻が許しません。自分にできる範囲で血糖値を意識してみたいと思います。

昼間は外出していました。駐車場で妻の買い物を待っている間に居眠りをしてしまいました。僕は居眠りをしてしまうことがよくあります。血糖値は関係しているのでしょうか?居眠りをしないようにしたいと思っています。

昼食はコンビニで買って食べることになりました。
もう弁当・おにぎり・パンは僕の選択肢にはありません。これらを食べないとすると、食べれるものがほとんどないことに気がつきました。
その中で選んだのは、バナナとササミの燻製です。バナナ、ササミの順番で少しずつよく噛んでいただきました。

夕食の献立はこれらです。
納豆
モヤシとキュウリのあえもの
ニラとネギの餃子
ごはん

この順番で少しずつよく噛んで食べてみました。

睡眠も整えようと思います。まず、起きる時間を一定にしてみます。平日と休日の起床時刻の差が大きいからです。

1300字書きます。

1300字書きます。

昨日に続いてタナベマモルさんの『プレイボーイのうた』です。

気になったので久しぶりに歌詞を見返してみました。曲を聴いてみました。
どんだけありがたいねん、インターネット!
どんだけありがたいねん、youtube

で、その結果気づいたことがあります。
「なんか、思ってたのと違う」
僕はこの曲をざっくり「オモロ切ない青春あるあるソング」みたいな感じでとらえていました。けれどそんなものではないのです。

曲の後半から趣きが変わってきます。

“初めて僕の言葉を聞いてくれる娘に出会った、無口といわれていた僕がたくさんしゃべった、優しいとかマメだからとかそういうことではなく、好きといわれてようやく僕は僕になれた気がした、アッコ”

主人公は誰かと同じ時間を過ごすことの幸せやありがたみを感じとれるようになっています。

“初めて愛がわかった彼女と暮らし始めて、愛は決して消えない、ヒビが入ることはあっても、洗濯物を干しながら、掃除機をかけながら、生活という愛の住みかをメンテナンスしながら”

メンテナンスです。「ひと通りやることやっときたい」な状態から、ひとつの愛を大切に維持していこうとしています。何気ない家事ひとつひとつに幸せを感じています。グッときてしまいました。

さらに続いていきます。
“どうせ生まれてきたからには多くの娘の人生の登場人物になりたい、それがプレイボーイの願い”
「登場人物になりたい」とかいうと自分の存在を誇示したいのかと思ったりしますが、そうではなく純粋に誰かと過ごす幸せな時間を長く持ちたいのだと思います。

“ユウコ、チエちゃん、カオリ、ミキ、マキ、なっちゃん、リカちゃん、サトミ、チサト、そしてマリナ似、僕のことを忘れないでね”

20年前、僕はこの一節を「女々し過ぎるやろ!」と思っていました。けれど、これは自分のことを忘れないでといっているのではありません。自分と同じ時間を過ごした素敵な彼女のことを、その彼女自身に忘れないでと言っているのではないか。僕は今、そう感じています。

“プレイボーイ、悲しい夜は、プレイボーイ、思い出してほしい、プレイボーイ、かつて君に夢中になった男がいることを”
ここまでくると相手に対する感謝の塊ではないでしょうか。「感謝」とか使ってしまうと一気に薄っぺらさが出てきますが、もう何というか、いわゆる「プレイボーイ的な発想」とは対極の発想だと思うのです。

悲しい夜に別れた男のことを思い出して元気出る女の人なんていないんじゃないでしょうか、普通。それでもかつて夢中になった女性の力になりたい、だから自分のことを思い出してっていう的外れ加減。自分のことだと感じてしまう人多いんじゃないでしょうか。

 

寝ます。

1800字書きます。

1800字書きます。

毎朝我が家では10チャンネルの『すまたん』をみながら支度をします。辛坊さんは毎日楽しそうにしています。羨ましいです。そんなふうに他人のことを羨ましがるのはよくありません。そんな心持ちではいいこともやってきませんよね。僕の悪い癖です。

AmazonのCMが変わっていますね。ゴールデンレトリーバーからポニーに交代しています。僕はライオンのたてがみをかぶっているワンコのほうが好きです。ついつい見入っていました。この調子でネコ編が流れるようになったらいったい日本はどうなるのでしょうか。そんなもの流されたら日本人はAmazonの下僕になってしまいそうです。ネコ編はつくられているのでしょうか。

僕はネコが好きです。僕が11才頃から30才まで実家にネコがいました。19年ほどいたことになります。立派にご長寿ネコです。まっ白いネコです。とてもおとなしいです。僕が耳をかじってもジーッとガマンしていました。ガマンできなくなると「ウゥ〜」と鳴きます。ガマンの限界を超えると僕の腕にしがみついてネコキックを連発します。そして僕の腕は血まみれになります。

ウチのネコのことを思い出しているうちに、ある歌のことも思い出してきました。タナベマモルさんの『プレイボーイの歌』です。今から20年前、僕はタナベマモルさんに一時ハマっていました。数年前に手持ちのCDをすべて処分しました。最後まで手もとに置いていたのはタナベマモルさんでした。

『プレイボーイの歌』はプレイボーイのことを歌った曲ではありません。サビの部分を歌ってみます。
“僕はプレイボーイになりたいんだ、プレイボーイ、男はみんな、プレイボーイ、初めてをいっぱい集めて大きくなる、プレイボーイ、プレイボーイ”
プレイボーイではない、たぶんモッサい男子のことを歌っています。このたぶんモッサい男子、経験はひと通りあるようです。初めての経験とその相手の名前を延々と歌っていきます。
例えばこんなふうです。
“初めてキスをしたのは放課後の教室、キスは甘いとかレモンの味だとか聞いていたから、味がしなかったのはきっと愛がないからだと、マジで悩んだ、そんなファーストキスでごめんね、ユウコ”

この曲の中にネコが出てくる一節があるのです。
“初めて人にすがった、初めて泣いてしまった、初めての失恋を何ヶ月も引きずっていた、ある日子供の頃から飼っていたネコが死んだ、あまりにもショックで僕は立ち直った、君のおかげさ、ペル”
僕はこんな状況になったことはありません。でもたぶん同じような心境になると思います。失恋どころじゃないな、と。そんなんどうでもええわ、と。この一節はとても印象に残っています。歌の中でネコがこんなふうに出てくることあんまりないよな、と思います。
ですが歌詞はいま確認していないので細かなところは間違っているかもしれません。

まだ書きたかったけど寝ます。

280字書きます。

280字書きます。

僕は痩せています。身長165センチ。現在の体重48キロ。体脂肪率8%。貧相です。

どれだけ食べても太りません。なので好きなものを好きなだけ食べていました。甘いものを食べようかどうか躊躇している妻を尻目にスイーツもガンガン食べます。僕は甘いものが大好きなのです。食事もラーメンとおにぎり、焼きそばとご飯、パスタとフランスパンは当たり前でたばていました。自分はこんな体質でラッキーだと思っていました。

でもそれはラッキーなんかではありません。むしろ大きな問題だということがわかりました。

人は暴飲暴食をすると血糖値が急激に上がるそうです。するとインシュリンという物質が分泌されます。そうして血糖値を一気に下げます。人の体はそんな仕組みになっているとのことです。

血糖値を下げ切れずに血管内に残った糖は脂肪へと変わります。多くの人は自身についたこの脂肪を目の当たりにして食習慣を改めます。

太らない人は血管内に余分な糖が残っていないということです。食習慣を改める必要もなく不都合などないように思えます。ですがそれは食習慣を見直す機会を持てないということです。

血糖値が急に上がったり下がったりすると情緒が不安定になるそうです。イライラしたり、怒りっぽくなったりします。無気力になったり憂うつな気分になったりもします。
そんな状態が続くと、やがて本当の精神疾患にかかってしまうというのです。

太らない人は知らないうちに精神がおかしくなってしまうかもしれません。しかもその原因に気づくことも難しいでしょう。自分はちっとも太っていないのだから。

僕と血の繋がりのある親族に太っている人はいません。よくよく思い返してみると自分も含め、いわゆる「ポジティブ人間」はいません。相手の気分がよくなるような言葉が僕たちの口からはまず出ません。イライラしていたり投げやりだったり。食事にも気をつけているふうではありません。心の病気とまではいかなくとも、やはり何かしら血糖値の悪影響を受けている気がします。

なので僕は決心しました。本気で血糖値ダイエットをします。血糖値を整えることで心も整えようと思います。毎日を明るい気持ちで意欲的に過ごしていきたいのです。

まず食べ方を変えます。よく噛んで食べることにします。当たり前過ぎます。「よく噛んで食べましょう」なんて幼稚園の頃から言われてきたことです。今までどうしてできなかったのでしょうか。よく噛んで喉に少しずつ食べ物を送るようにします。一度にたくさんの食べ物が胃に入ると血糖値が急に上がるそうです。

よく噛んで食べるにはコツがあるようです。それは顎の前半部で噛むことです。前歯から犬歯のあたりを使って噛みます。ほとんどの人は奥歯で食べ物を噛むそうです。顎の前半部のほうが奥歯側よりもスペースがないので口に入れる食べ物の量が少なくなります。口にたくさんの食べ物を押しこむと噛みにくくなります。するとどうしても丸飲みするようになるのです。

食べ順も見直します。最初に食物繊維、次にタンパク質、最後に炭水化物を食べるようにします。基本的に野菜は最初に食べるのですが例外があるそうです。根菜と暖色野菜といわれるものです。これらは血糖値を上げやすいので後から食べます。暖色野菜とはニンジンやカボチャ、トウモロコシといった赤や黄色の野菜です。

炭水化物は極力控えるようにします。食べるときは単体で食べないで何かと一緒に食べます。
ご飯は納豆やメカブのようなネバネバのものと一緒に食べるといいそうです。粘りでご飯をコーティングするイメージでしょうか。また温かいご飯よりも冷やご飯のほうが血糖値は上がりにくいとのことです。

パンとパスタも単体で食べないようにします。バターやオリーブ油を使います。パンはしっかりと焼くと血糖値の上昇が抑えられるようです。

今まで僕はパンに何も塗らずに食べることがほとんどでした。餅も大好きでこれまた何もつけずにそのまま何個も食べています。いちばんダメな食べ方です。

充実した毎日を送るため、食習慣を見直します。

今回は220字書きます。

今回は220字書きます。

一週間も書くことを休んでしまいました。書き方のブログはどれも「文章上達の秘訣はとにかく書くこと」と書いてあります。書かないことは文章上達することを放棄しているのです。毎日毎日「書けるようになりたい」と思っているにもかかわらずに。
なぜだか思い返してみると「どうすれば書けるようになるのか」をずっと探していたからぜんぜん書けるようにならないのだという気がしてきました。
「書く前に構成をきちんと組み立てる」やら、「ひとつの記事に言いたいことはひとつだけ」やら。
そういうのはとりあえず置いときます。

歯磨き。

妻が歯医者さんに行ってきました。

僕は歯医者さんにだけはほめられます。

僕はこんなふうに歯を磨きます。
まずデンタルフロスを使います。
次に歯間ブラシを使います。
ここで歯ブラシを使います。最初に歯磨き粉をつけて歯を磨きます。その後デンタルリンスを口に含みます。リンスを口に含んだまま歯ブラシで歯を磨きます。
最後に舌ブラシで舌を軽くなでます。

これからも僕は歯医者さんにほめられる歯磨きを続けていこうと思います。