読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今さら。ヤストのやりかけ練習帳

文章を書けない男が、書く習慣をつけようとするブログ。

クズ人間が生きている。

 


これまで変わることができなかった人間が、これから変われるわけがありません。
変われる人間ならとっくに変わっているからです。
それでも、自分は変わらなければならないのです。
こんな僕でも変わらないといけない。
だから「よく噛んで食べる」。
そんな幼稚園で言われるような根本的なことから本気で改めようとしているのです。バカみたいに。

妻に何も与えることができない自分は、何を言われてもしかたありません。
頭が朦朧としてじっとしているのが精一杯です。
「ひとの言うことちゃんと聞けや!」
「なんとか言えやオラァ」
そんな言葉をはね返す力が僕にはなかったのです。
もっとタフであるべきでした。
受けた言葉をエネルギーに変えることができませんでした。
だから心が折れて無気力になったり悪循環に陥ったりするのだと感じています。
妻からの言葉で暗示にかかっていた面もあると思います。
僕はこれらをいちいち間に受けていたのです。
すべて自分へのことです。
確かに全部あたっています。
でもこんな言葉は自分の体に取り込む必要はなかったのです。
害にしかならないと思います。
「なんでおまえみたいなクズがのうのうと生きとんねん」
「時間戻せよっ!」
「おまえほんま成長せん虫けらやのう」
「おまえ死んでも生きてても役に立たん奴やのう」
「ストレスの原因、全部おまえじゃ」
「おまえのせいでじんましん治らんやないか!」
こんなにダメな人間ているのでしょうか?
自分でもおかしいと思うことがあります。
「病院行ってこいや」
「おまえ絶対に頭おかしいぞ」
自分は恐怖心の塊で身動きがとれなくなっているのです。
身動きがとれるようになるためにも、図太さは必要だと感じていました。
以前なら胃が縮み上がってしまい、食事などできませんでした。
昨日と今日、ひたすら噛み続けて食事ができるようになりました。食事はメンタルトレーニングなのです。
「よう平気で飯食って外歩けるのう」
「この厄病神が!視界に入ってくんな」
妻には返す言葉がありません。
「おまえ、ほんま人とズレまくっとんな」
「生きてて恥ずかしないんか?」
「ほんまカス人間やのう」
「おまえ生きてる価値ないんじゃ」
「さっさと死ねよ、クズが」

カス人間。

1,800字書きます。

僕はものごとの順序がおかしいそうです。
自分でも何かがおかしいと感じていますが、自分でおかしいと思っているときは病気じゃないというのを聞いたことがあります。
妻がいいます。
「おまえ頭おかしいんちゃうんか?おまえは病気か?」

夕食のそのとき、平常心とはいいませんがだいぶ落ち着いていることができました。
すると、いつの間にか完食していました。
噛むことだけに神経を集中させました。
今日は噛んで食べることに集中していたのでした。

いつもは、いつまでも片付け終わらないので妻の怒りを倍加させることになっていました。
これまでなら、思いきり罵られると食事が喉を通らなくなっていたのです。

夕飯を普段と同じように食べられました。
これまでとは違いました。

そして、まだ平気な顔して生きています。
妻のいうとおりここまで見事にダメ人間なら、普通は生きてられないと思うのです。
自分でもどういう神経してるのかよくわかりません。
でも、あいにく死んでしまおうという気は起こらないのです。
僕に生きている価値がないということは、よくわかっています。

確かに彼女のいうことすべてに、返す言葉がありません。
「ほんま損したわ。時間返せ、人生返せ、時間返せ、人生返せ、時間返せやオラァ」
「こんなできひん男見たことないわ」
なので、どんなに罵倒されてもしかたありません。
それは全て本当のことです。
「ほんまカスやのう」「ほんまゴミやのう」「ほんまクズやのう」など、あらゆる言葉で罵倒されます。

妻に罵倒されると胃が締め付けられて何も食べられなくなっていましたが、今日は違いました。
食事はメンタルトレーニングです。それを実感できたのかもしれません。

僕は何もできない人間です。
僕は甲斐性がありません。
申し訳ありませんが、それでも僕は生きていきます。

睡眠・寝坊・スムージー

250字書きます。

自分の理想の睡眠時間は、目覚ましをセットせずに眠って目が覚めた時間だということです。
寝つきがいいこと。それは単に寝不足なだけというのをどこかで読んだことがあります。
僕は今まで、寝つきがいいのは良いことだと思っていました。
妻によると、布団に入って30秒で寝入っているらしいのです。
僕はものすごく寝つきがいいです。
しかも、なかなか目を覚ましません。
昨晩は頭がベッドからはみ出していました。
寝ている間に枕がどこかに行ってしまったので、いつの間にか枕なしで寝ていました。
定かではないのですが、夜中にいちどトイレに行ったような気がします。
昨晩は8時間寝ています。
たしか、僕が寝たのは0時半でした。

僕は徹夜などは到底無理です。
僕は寝なくても平気とかいうタイプではまったくありません。
以前より睡眠時間が短くなったといっても、それなりには寝ています。
子供の頃に比べると、いつの間にか起きてる間はずっと眠いという状態が当たり前になっていました。
歳をとるにつれて、睡眠時間はどんどん短くなっていきます。
子供の頃は本当に体調がよかったなぁ、と思います。
その頃、僕は夜9時に寝て朝7時に起きていました。
そんな僕は、今朝5時半に起きるつもりでいました。
目を覚ました今現在、起きようとしていた時刻は過ぎているようです。
窓の外も明るくなっています。
たぶん7時は過ぎています。
耳をすますと飛行機の音が聞こえます。
今朝は8時半に起きました。完全に寝坊です。

これは、まちがいなく朝の楽しみのひとつです。
まずは美味しいので無理なく続けられます。
何年もたいした病気をせずにいるので、やはり体にはいいのでしょう。
スムージーのことです。
スムージーが健康維持に効いている!という実感はそんなにないです。
ですがスムージーは体にいい、といろんなところでいわれています。
我が家のスムージーには小松菜・リンゴ・バナナ・パイナップル・豆乳・ヨーグルトを入れます。
スムージーを作る前、朝起きてすぐにすることがあります。
バナナを食べます。
水が入ったコップをレンジに入れ、水が温まるまでのあいだにバナナを食べます。
バナナとお湯は、今マイルールなのです。
そしてスムージーはウチのルールです。
我が家では毎朝スムージーを作って飲むことになっているのです。
寝坊したので、急いでスムージーを作りました。

よく噛んで食べることは筋力トレーニングであると言えます。
よく噛んで食べることはメンタルトレーニングであるとも言えそうです。
食後の眠気もおさえることができます。
食べ物を消化するために、胃腸に血液が集中することを避けることになるのだそうです。
よく噛んで食べることで、胃腸の負担が軽くなります。
恥ずかしいことですが、僕はごくごく基本的な生活習慣が身についていないのだと自分で感じています。
ここでマイルール追加です。
食事については「よく噛んで食べること」を徹底して続けてみようと決めました。
まずは食事と睡眠からです。
最近、僕は生活習慣を変えようと思い立ったのです。
睡眠については、毎朝同じ時刻に起きるようと決めたばかりでした。

幼稚園で教えてもらうような初歩的な習慣から改めないと、自分を根本から変えることはできないと感じています。僕の場合は。
それくらい、僕は変われない人間なのです。
本当は強烈な先延ばし癖をどうにか治したいと思っています。
自分の悪いところを改めようとしてもちっとも変わりません。
それでなくとも僕は意思の弱い人間なのです。
気合いだけでは三日坊主になるのが目に見えています。
確かに、1日や2日なら気合いでなんとかなるのかもしれません。
けれど、もともと朝ふとんからサッと出ることができません。ごくごく簡単なことから変えていかないと、自分を変えることは難しいと思います。
もう一回、仕切り直しです。
明日からは毎日5時半に起きます。

ひとりファミレス。

1,200字書きます。

外食は久しぶりです。しかもおひとりさまは相当久しぶりです。
チーズチキングリルとサラダを頼みました。
ちょっと肉を食べてみようと思います。
少し書き仕事をしたかったので、多少長居ができるファミレスにしました。
何か食べて帰ることにしたのは妻が外出していたからです。どこかに寄ってから帰ろうと思いました。
いつもなら急いで家に帰ります。
今日、世間一般は普通に休日です。
僕は15時まで仕事でした。
ちっともうれしくありませんが、今日はプレミアム・サタデーです。

炭水化物とテレビをやめたい。

1,000字書きます。

パンは焼いて油を塗ったほうがいいということをインターネットで知りました。
今日、僕はしっかり焼いてマーガリンを塗って食べました。

その前にパスタにオリーブオイルをかけて食べました。

さらにその前にサラダを食べました。
血糖値の上昇をゆるやかにするためには、こんはふうに食べるのがいいそうです。
僕がすぐに、簡単にできることは食べ順を守ること、よく噛んで食べること、炭水化物単体で食べないことです。

今日の夕飯に妻はグリーンサラダを用意しておいてくれました。

妻は特にパンには目がありません。
妻は炭水化物星人であります。

僕には、妻の用意した食事を食べないという選択肢はありません。
今日は炭水化物on炭水化物です。
つまり、パスタにパンです。

僕には今、食べ物で心を整えようという魂胆があります。
今、何をしたっていい方向に転がらないってことが、自分でも想像できる状態です。
つまりメンタルがまったく整っていないのです。

大抵のことを先延ばしにします。
それにちょっとしたことで不安になります。
加えて、僕はイライラして怒りっぽいのです。

血糖値の上昇をゆるやかにすることが情緒の安定にいいというのを聞きました。
僕は炭水化物を食べるのをやめたいと思っています。中でも、特に小麦をやめたいと思いました。

やめたいものはそれだけではありません。テレビです。
どうやら僕には欠けている能力があります。
人は不要な情報を都合のいいように遮断できるといいます。それができません。
それを難なくやっている妻がうらやましいです。
そういえば僕はどこか店に入ったときでも、隣のテーブルの会話が耳に入ってきてしょうがないことがよくあります。

テレビ番組の内容については、テレビを観たくない僕のほうが覚えています。
実際のところ、妻はテレビを観ていないのです。
僕はテレビがついていると、用事をしている手が止まってしまいます。
妻はテレビがついていても家事をすることができます。
それならさっさとテレビを消せばいいのに、
「おもしろいのやってないわぁ」といいながら、リモコンをカチカチやってます。
ただ単に習慣でテレビをつけているだけです。
妻だって別に観たい番組があるわけではありません。
妻がウチにいるときは、ずっとテレビがついているのです。
なぜなら、妻がテレビ星人だからです。
さっさとテレビを消してしまえばいいのですが、わが家ではそれはできません。
別に観たくもない番組でも、僕はなぜだか観入って体がかたまってしまいます。
テレビがついているとジーッと観入ってしまいます。
僕はテレビを観るのをやめたいと思っています。

前歯でよく噛んで食べてみてよかったこと。

800字書きます。

前歯を合わせていないと、首の筋肉だけで頭を支えています。
前歯を合わせていると、頬の筋肉も使って頭を支えているように感じます。
特にうつむいているときには、違いがはっきりとわかります。
前歯を合わせて1日を過ごすと首まわりが楽なのです。
他にも理由はあるとは思いますが、いつも首がこっているのは歯の合わせ方に問題があるのだと思います。
寝ているときに、歯ぎしりをしていると時々妻に言われます。
下顎が常に奥に入り込んだ状態になっていたようです。
ちゃんとよく噛んで食べてこなかったからでしょうか。
幼稚園の頃からいわれてきたことなのに、どうしてちゃんとやってこなかったんでしょうか。
ちゃんと噛むことを長く続ければ続けるほど、もっといろんな効果を感じるのではないかと思います。
噛むことはがんばる必要もないので、その気があればずっと続けることができます。
よく噛むことで具合がわるくなった点は思いつきません。
以下は今ざっと思いついたよくなった点です。
トイレットペーパーの使用量が少なくなりました。
おならや便のにおいが少なくなったようです。
口周りの筋肉を使うことと関係しているかもしれませんが、目の疲れが軽くなりました。
そして、首から背中にかけての筋肉が引き伸ばされるように感じます。
上下の前歯を合わせるので顎が前に引き出されます。
首と背中がほぐれてきたように思います。
よく噛んで食べることをたった1週間ほど続けただけでこのように感じました

食べ物がなくなるまで噛んでいると30回は超えてしまいます。
食べ物が喉のほうへいかないように舌でせき止めながら前の歯で噛みます。
奥歯で噛むと、食べ物がすぐに喉に入っていきます。
前のほうの歯で食べ物を噛んでいきます。
舌を使って口に入れた食べ物を前歯のほうに集めます。
今までは、奥歯だけ使っている状態でした。
思い返すと前のほうの歯をほとんど使っていないことに気がついたのです。
僕は以前から、よく噛んで食べているほうだと思っていましたが、そうではありませんでした。
「前の歯でよく噛んで食べること」を1週間やってみて感じたことをかいてました。

『クマ歩き』

1,100字書きます。

寝覚めが悪い私、ヤストです。
朝、僕は起きることができません。なかなかスッキリと目が覚めません。血圧が低いせいでしょうか?疲れが抜けないからでしょうか?最後に気分よく目が覚めたのはいつだったでしょうか?

そんな僕が毎朝やっていることがあります。それは『クマ歩き』です。少しでも体が目覚めるようにやってみることにしました。散歩やジョギングの代わりになればと思っています。

『クマ歩き』とは膝をつかずに四つんばいで歩くことです。『高這い』ともよばれるそうです。小学校のお受験ですることもあるとのことです。

『クマ歩き』をやり始めて約2ヶ月になります。この2ヶ月で感じたことを書きたいと思います。

これは私ヤストの個人的な感想です。医学的に正しいかどうかはわかりません。体にいいかどうかもわかりません。僕が思ったことを書きます。

『クマ歩き』をすると体のどこに効くか、順番に。
首の前側が伸ばされます。前を向こうとするので頭が起きて首の前側が伸びます。そして頭を起こそうとしている首の後ろ側の筋肉が鍛えられます。僕は1日下を向いているので、この頭を起こす動作はキツイです。

肩甲骨の周りの筋肉が動きます。特に肩甲骨の間の背中の筋肉が動きます。普段使っていないのがよくわかります。

いわゆる『振袖』の筋肉が鍛えられます。ここも普段使っていないのがすぐにわかります。

手首のストレッチになります。体の重みで手首が伸ばされます。

脇腹が鍛えられます。前に進むときに脇腹を左右交互に使います。

太腿が鍛えられます。ふくらはぎが伸ばされます。

つまり、普段の生活で使わない部分をいっぺんに動かせるのが『クマ歩き』なのです。

眠たいので寝ます。以上『クマ歩き』でした。